プログラミング

子供のプログラミング学習に最適!無料スクラッチのYouTube先生

子供,プログラミング,子供のプログラミング,スクラッチ,YouTub

小学校でもプログラミング学習が始まります。
今は、タブレット学習などでもプログラミング講座が用意されていたり、今後プログラミングのスキルは子供にとっては必要となってくるものです。

今回は、親が子供に指示できるよう、誰でも利用できる無料のプログラミングソフトで、簡単なプログラミングの手順を厳選したYouTube先生でまとめてみました。

お子さんの自由研究などにも最適です!

ぜひご参考にしていただければ嬉しいです。


スポンサーリンク

子供がプログラミングを学ぶメリットは?

子供,プログラミング,子供のプログラミング,スクラッチ,YouTub

現代は情報社会です。
生活がどんどんデジタル化し、AIなどの新たな技術が生まれる中で、10年先の未来すら予測することが難しくなってきています。
ですので今後、確実にプログラミングスキルの需要が高まってくると予想されます。

また、小学校でも2020年からプログラミングの授業が必修化されますよね。
しかし、おそらく学校の学習だけでは、体験程度にとどまってしまうとも思いますので、年に2回ある自由研究を通じて、プログラミングの学習をするということはかなり有意義なやり方かと思います。

自宅でこのプログラミングの学習すれば、高額なプログラミング教室などに通う必要は全くありませんよ!

やる気になれば丸1日でできると思いますが、理解度を深めるため1週間ほど余裕を持ちながらやるのがオススメです。


スポンサーリンク

【準備編】環境を整えよう

まず、作成に入る前に準備をしていきましょう。
必要なことや物をまとめてみました。

プログラミングの自由研究で準備するものは?

自由研究,プログラミング,5年生,男子,無料,簡単,スクラッチ

では、自宅で準備するものも見ていきましょう。

これも公開時に必要なものと同じです。

  • インターネットに接続できるパソコン

これだけあれば、ほぼOKかと思います。
保存するのに、パソコン本体ではなくUSBにしたいということであれば、USBもご用意いただければ良いと思います。

使うソフトは無料のScratch(スクラッチ)

子供,プログラミング,子供のプログラミング,スクラッチ,YouTub引用元:Scratch

実際にプログラミングをするにあたって、必要なソフトは「Scratch(スクラッチ)」という子供向けのプログラミングソフトです。

これは、ダウンロード版もありますが、ブラウザ上でもできますので、どちらでも良いかと思います。

Scratch(スクラッチ)

Scratch(スクラッチ)のトップの画面から「作る」や「作ってみよう」のアイコンをクリックすれば、すぐ始めることができますよ。↓作成画面

自由研究,プログラミング,5年生,男子,無料,簡単,スクラッチ引用元:scratch.mit.edu

スクラッチはプログラム言語(ブロック)を組み立ててプログラムしてく子供向けのソフトです。
英語のような難しいプログラミング言語が羅列していないので、かなり分かりやすいですし、じゅうぶん高度な作品が作れます。

トップ画面から、公開されている様々な作品を観ることができるので、ぜひ最初に閲覧してみることをおすすめします!(子供も一緒に)

こういう作品が作れるんだというイメージが湧きやすいですよ。

【実行編】プログラミングをやってみよう

子供,プログラミング,子供のプログラミング,スクラッチ,YouTub

では、実際にプログラミングで作成してみましょう。
スクラッチは、プログラムのピースをパズルのように組み立てていくといったイメージです。

プログラムを作成するにあたって、参考にできる良質なYouTube動画がたくさんあります。
ネット検索のスキルも同時に高めていくために、必要な情報をインターネット上から探し出すということもやってみると良いと思います。

しかし、いきなりは難しいですので、今回は講師としての目線から、これは分かりやすくて良いと思われる動画をいくつかリサーチしてみました。

Scratch(スクラッチ)の使い方編

まずはスクラッチの画面の説明と、簡単な使い方はを確認していきましょう。

スクラッチはたまにバージョンアップのため、画面仕様がたまに変更になるので、動画と向きが逆だったりすることがありますが、このあたりの臨機応変さも求められますので、慣れも必要ですねW

現在はScratch3.0というものが出ていますが、説明動画はScratch2.0のものが多いです。
配置が多少違うだけで、使い方は同じです。

引用元:YouTube

こちらの動画で画面の見方や簡単な使い方をマスターしましょう。

初級編(簡単シューティング)

使い方がだいたい分かったら、まずは簡単なものから作成してみましょう。
作りやすいのはシューティングゲームです。

使うキャラクターなどは、好きなものを選んだり、ペイントで自作しても良いかと思います!

まずはこちらで練習してみましょう。

引用元:YouTube

背景や音をつけたりすると、さらにゲームっぽくなりますね!

動画でのプログラムを真似してしまうというのもアリだと思います。

引用元:YouTube

パソコンに少し慣れれば、小学校3、4年生でもできる内容になっています。

中級編(避けゲーム)

小学校5・6年生くらいになると、ある程度理解度も高まってくるので、中級編くらいのレベルで自由研究を作成すると良いと思います。

こちらのキッズ・プログラミング教室 KIDSPROさんの動画は、キャラクター作成から丁寧に説明されていてとても参考になります。

落ちてくるものを避けるゲームは、3回に分けて動画説明がされているので、順序立てて一緒に作業していくと良いと思いますよ!

避けゲームの作り方①

引用元:YouTube

避けゲームの作り方②

引用元:YouTube

避けゲームの作り方③

引用元:YouTube

この他にも「インベーダーゲーム」や「サッカーゲーム」、「カーレースゲーム」や「ブロック崩しゲーム」など、多様なスクラッチゲームの作成動画がアップされています。

バリエーションとしてはかなり豊富ですので、いろいろとブロックを真似して作っていくと面白いと思います。

上級編(アクションゲーム)

小学校の自由研究のレベルとしては、中級編まででもじゅうぶんではないかと思いますが、スクラッチが楽しくなってさらにもっと高度なゲームを作りたくなった場合は、こちらの動画がおすすめです。また、中学校の自由研究としても、ちょうどよいと思います。

ロジックラボ for kidsさんの動画では、アクションゲームやRPGゲーム、育成ゲームなどスマホのアプリさながらのゲームの作り方が詳しく説明されています。

引用元:YouTube

機械の言葉なので、多少聞きづらいですが、YouTube動画などを見慣れている子供達は気にならないかと思いますw

また、進みが早いですが一時停止しながらゆっくり作成していけば良いでしょう。

こちらのロジックラボ for kidsさんは、書籍も出されていますので、こちらもおすすめです!

 

 

【公開編】簡単にみんなに見せる方法

自由研究,プログラミング,5年生,男子,無料,簡単,スクラッチ

スクラッチ作成したプログラムは、人に見せたいですよね。
インターネットにつながったパソコンを持っている人になら簡単に見せることができますよ。

手順についてはとても簡単です。

  1. Scratchのアカウントを作成
  2. 作成したプログラムの画面で共有するをクリック
  3. 自分の作品のURL(サイトのアドレス)を確認する
  4. みんなにそのURLを教える

見たい人はパソコンでインターネットに接続し、そのURLを開けばプログラムが見られるというわけです。


スポンサーリンク

子供のプログラミング学習に最適!無料スクラッチのYouTube先生!まとめ

いかがでしたか?

子供向けのプログラミングソフトはいろいろとありますが、現状では「Scratch(スクラッチ)」が一番やりやすいのではと管理人は思います。

遊びの一環でプログラミングを学び、興味が出たところで本格的なプログラミングの学習を始めると良いのではないでしょうか。

インターネット上では、リーズナブルに学習できる環境がいろいろと用意されています。
小学生のうちに、一度プログラミングで0から作り上げていくというクリエイティブな感覚を身につけることが、とても大切かと思います!

ぜひ、お子さんと一緒に始めてみてはいかがでしょうか。